離婚して実際子供達と暮らしてみて思うこと

離婚して実際子供達と暮らしてみて

なんだかんだ言って、子供との暮らし事態はとても楽しいです。


離婚して、子供達と暮らしてると

「僕らがお母さんを守らなければ。」

がすごく伝わります。

(「もう!!お母さん1人だと心配じゃ~ね~。」とか言ってます。)

さすが、男の子ですね。

そして、愛されてるなと感じで嬉しくなります。

頼もしくて優しい子供達です。

これが私へのご褒美かな。

離婚前は、私も家族が路頭に迷わないようにしなければと自営をしてた会社の資金繰りに(私だけが)必死になってたり、子供達の学校行事に1人で参加したり、自治会の会合や行事の参加も1人で参加。(けっこう、みんなそうかな?)



元旦那さんはほぼ参加しないので、その時から子供たちの同級生は子供に「え?お前の親、お母さんだけじゃなかったん?ずっとシングルマザーかと思っとった~。」と言われてたくらいなので、シングルになったからといって廻りがざわつくようなことはありません。


職場と自宅が同じところにある状況で、また、ご先祖様から受け継いだものだったので、とにかく老朽化が進んでいてとても住みにくいところ。
「引っ越せたら引っ越したいね。」が口癖でした。
自分で壁紙買ったりしてリフォームしても、広い敷地では限界がありました。
(私が小さいからか、一人でやるにはなかなか大変なんだな。)
「引っ越したいね」とは言っても、お金もないし引っ越す気がない様子だったので、離婚して実際に引っ越してアパートで生活出来てよかったです。
自営手伝いからだから、引っ越し先を見つけるにしても、パート勤務の状態で貸してくれた不動産屋さんには感謝しているのです。
(まもなく正社員で職に就きました。)
ここが、なかなか住み手のいない場所だったということを知るのは最近の事なんですけどね。
ボロ目なアパートですが、前に住んでたところに比べるといろいろな個所がきれいだと思うので(私の両親からすると、普通じゃないところでずっと生活してたからそう思うらしいです。超図星)


引っ越した先では、また、そこでトラブルもあったりしますが。
たぶん、住み手がなかなかつかなかった原因になってるのではないかと思います。
それは、また今度にします。


とりあえず、いいことがいっぱいです。


基本、子供たちの事はとても心配性なのですが、自分の事に関してはあまり考えてない感じです。
なるようになるさ的な。
それじゃ、いけないのかもしれませんが、あまり不安ばかり抱えてるとネガティブなものがやってくるのではないか?なんて思うので、出来るだけ楽観的に構えることにしています。


ただ、養育費なしで市役所などからの援助は今年からなしなので、今年からは何かしら対策を考えていかないといけないのかなと思います。

なんとなく暮らしていけてるから、ポジティブに構えておきたい、そんな今日この頃です。