まさかのテレビ速報に〜担任のレベルが…。

受験勉強自体は、中2のロスを大幅アップな手応えはかなりあったのですが、習熟度テストは毎回イケテナイ成績でした。

 

それでも、問題集を解く事がとても楽しくなってた私は気にせず

「今日も問題集を制覇じゃ!!」

と張り切ってて、とても充実した毎日を過ごしていました。

 

1学期に決めた志望校は、前年の倍率を見て「ここなら楽勝だぁ」

と思って学校に申請してたところでした。

 

他のみんなも、もしかしてそんな安易な考えだったのかどうかは知りませんが、前年の倍率が1.3倍だったその志望校は、年明けから少し過ぎた頃発表されたテレビ番組の速報で2.6倍になってたのです。

 

あら〜、やっちゃったな〜と正直思いました。

 

3学期に入り、最終決定をする為に行われた三者懇談で、担任の先生がまず放った言葉は

「お前、悪いこと言わんから、志望校変えれ!絶対落ちるから。この倍率だと、〇〇高校(当時の私たちが受ける高校のかなりレベルの高いところ)に入れるくらい点数取らんと無理じゃ。」

でした。

 

おいおい!親の前でそれはないやろ〜。

 

と、思った私は、

「嫌です。絶対に変えません!。」

と言ってやりました。

 

心の中で「馬鹿かお前は!(担任にですよ)」とすご〜く怒ってました。

 

そんなん、あんたに決められたくないわぁ!!と思ったのです。

決めるのは私なんだよ!

 

もう、合否はどうでもいいのです。(本当は良くないけど)

こちらも意地ってもんがあります。

 

いじめの相談した時なんて

「僕が言ってやりましょうか!」

とふざけた事を言ってました。

静かに「それはやめて下さい」と伝えました。

 

三者懇談のあと、その事をふっと思い出し、やっぱり、頼まなくて正解だったなと思ったのでした。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村