超楽しい、片づけ大作戦

 

私は、元夫が仕事場を片づけている時も、ごみを移動するだけで片付いてない状態、忙しい時は「忙しいからやる暇がない」(どんどんゴミが溜まります。)、私が代わりに片づけると、汚い状態が安心するのか分かりませんが

「勝手に片づけたらダメ!」

と怒るのです。

 

汚いのが嫌なので、勝手に片づけると怒るの繰り返しです。

 

片づける方も大量にある外のごみなので、防塵マスクをしながら片づけるのですが、ヘトヘトになります。その後、文句を言わます。

 

私が言い返すと黙ります。

 

「文句言う前にありがとうでしょうが。困った人やね。お客さんも汚いっていいよるよ。ゴミは捨てないと無くならないの!。」

 

と言うのですが、決まって文句をいいます。

 

いろいろ考えて、整理収納アドバイザーの教材を取り寄せて(私のパートの収入で購入しました。)、知識を得、教材に書いてあることを教科書を使いながら伝えます。

 

まず、要るものと要らないものを分けて、要らないものを捨てるんよ。

 

その後、要るもの中から、使用頻度に分けていつも使っているものを使いやすいように、且つ、分かりやすいようにラベリングをして何がどこにあるか分かるようにすればゴミは減るし、すでにあるものを買うことも無くなってくるよ。

 

と言うと、勝手に出入り業者が作業場にある機材を使うから、わざと探しにくいようにしていると言うのです。

 

しかし、それを勉強したことで、私が片づけをしても文句は言わなくなりました。

言ってきても、「片付けられない人」の例が載ってるから、言えないのでした。(ばっちり、当てはまってしまってたので)

 

あと、家の中もたくさん思い出の品(子供達が保育園の頃からの)があったのですが、それも片づけることが出来ました。

 

ついつい、「これも可愛いすぎる」とか言って、全部BOXの中に入れて保管しちゃってるから、沢山あった押し入れの中を占領してたんです。

 

思い出の品と、上手にお別れをして、「これは!と言うものは捨てずに管理」しました。いいことばかりです。

 

結局、元夫のものは、どれも、捨てることは出来ませんでした。

勝手に捨てずに本人の気持ちを大切にしないといけないので。

押し入れの中に何十年入れっぱなしのものでも、どれも「ときめく」らしいので、そのままにしてます。(元夫は、個人的にこんまりさんが好きで、本を買ってるんです。でも、捨てられない人です。)

 

もう、元夫以外の家の中の要らないものを片づけまくって、毎日「今日やることは~・・・」と計画を立てて、楽しすぎました。

 

ボロいけど、とても大きい家だったので、片づけを計画してやるだけの部屋がたくさんあったので、ある意味充実していたのです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村