こんな事が出来るなんてスゴイな

普通に立ってる時や座っている時、つんっと誰かに押されてる感じでよろけたり横にされたりして、遊ばれてる感が続いてました。

子供と話をしている時にもソレをしてくるのです。

子供からすると、立って話をしていたお母さんが突然身体が横に傾くという具合なので、不思議そうに「大丈夫?」と心配してしまいます。

あちらから、こちらの様子が分かるような感じなのか、それとも中に入ってるのか?

それは、結局、私には分かりませんが、自分の思考とは違う身体の反応が起きたりするのです。

あれは、私も笑ってしまいました。

話(テレパシー)をしていて、どっちが言ったか分からなくなる時もあるし、ずっと話は続けることが出来る感じでした。

実際に見える形で人がいる訳ではないので、周りには全然分からない状態なんですけどね。

こんなことってあるんだね。とそういう現象があることに対してとても楽しかったです。

なかなか体験出来ないことを体験出来ますからね。

最初の頃の「私の中から出て行ってくれ~!!」と思っていた感情は消えてました。

その後、私が離婚をすることになったよと、子供達に伝えてくらいから、頭の中に流れていた声は小さくなって、「気を付けて聞き取る」くらいになっていったのです。

でも、年に何回か出会ってたかな。

だけど、話しかけてはこないです。

なんでだろうね?

そういう時の相手側の気持ちは、私にはぜ~んぜん分かりません。

でも、何か言いたげな感じなのは分かるかな。

彼は、私とは違う性格なら、私の様に気楽に人に話しかけるなんてことはないのかもしれません。

それでも、頭の中に流れてくる私たちの会話では、仲良しだったりするのです。

ほんとに不思議。